大注目成分!ナットウキナーゼとは?

「ナットウキナーゼ」という成分名を耳にする機会が増えましたよね。
健康志向の方が増える傾向の近年は、健康成分として関心が高まっています。

 

ナットウキナーゼとは、納豆に含まれる酵素のことです。
納豆菌によって生産される「血栓溶解酵素」ですから、納豆からしか抽出されません。
「納豆が体に良い」と言われる理由は、ここにあります。

 

 

 

 

 

 

 

ナットウキナーゼの効果とは?

 

納豆が体に良いと言われる理由にナットウキナーゼも関連しています。
ナットウキナーゼという納豆の酵素は、血管や血液への効果が期待できます。
血栓の融解作用もありますし、血液をサラサラにするなどの働きが、主な効果です。

 

このように、健康に関する効果が期待できます。
近年は健康を意識する方が増えていますから、このような効果のあるナットウキナーゼの注目度が高くなっています。

 

そして、血液をサラサラにしたい、若々しい血管を維持したい、中性脂肪を下げたい、と健康を考えている方からナットウキナーゼサプリが注目されています。
納豆を毎日食べても同じような効果がありそうですが、そういう問題ではないようです。
とある実験によると納豆より、ナットウキナーゼ自体を摂取した方が効果が高いというデータがあります。
また、納豆自体は塩分も気になりますから、サプリの方がナットウキナーゼの摂取が効率的です。